読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3つの星と新しい輝きのメロディー (トライスター編を振り返って)

トライスター編は、誤解を恐れずに断言すれば、異質です。『アイカツ!』全体を通してこれほどシリアスなエピソードは他に例がありません。木村監督は「コメディーはコメディーでも、重たいコメディーにはしたくないと思って、すみずみまで気を使いました」*…

『やがて君になる』の意味を考える

読み返していてふと思いついたことがあったので、ちょっと書いてみようと思います。『アイカツ!』以外のことについて書くつもりは全くなかったのですが、どうしてこうなるんでしょうね。 まず前提として、「やがて君になる、の「なる」は「成る」ではなく、…

『魔法つかいプリキュア!』の「魔法」の話

49話「さよなら…魔法つかい!奇跡の魔法よ、もう一度!」、すごかったですね…。本当にすごくて、月曜になっても全く余韻が消えなくて、それでいろいろとEvernoteに書き殴っていたのですが、それが気がついたら結構な分量になっていまして、もうどうせなら公…

START DASH SENSATIONから大空あかりの物語を読む

『アイカツ!』という作品の大きな特徴の一つとして、物語と楽曲の関連性の高さが挙げられます。「アイドルオーラとカレンダーガール」「目指してるスター☆彡」「私が見つけた最初の風」など、曲名や歌詞の一節をサブタイトルにした話も多く、ステージシーン…