cubic in another

【雑記】『ユーリ!!! on ICE』二面性のダンス、『リトルウィッチアカデミア』の教育観、『アイカツスターズ!』その一助となるもの

 雑記です。本当は『ドキドキ!プリキュア』についても一緒くたにして書く予定で、『ユーリ!!! on ICE』については愛繋がりでまとめようと思っていたのですが、思いの外筆が乗ってしまったので別になりました。最終的に書き終わってみると『ドキプリ』が一番文字数少ないんじゃないかという気もするのですが、もうなんでもいいです。それぞれに相関性は全く無いので、お好きな作品のものだけ選んで読んでいただければと思います。

 

 

ユーリ!!! on ICE』 二面性のダンス
f:id:hitotosem:20170521201156p:plain

 『ユーリ』が放送されていたのが2016年秋クールだったので、もう半年も前になるんですね。2016年秋は『響け!ユーフォニアム2』や『フリップフラッパーズ』、『DRIFTERS』、『舟を編む』、『灼熱の卓球娘』等々名作揃いで、いわゆる豊作と呼べるような時期だったと思いますが、『ユーリ』はその中で覇権アニメの座を取ったと言える作品ではないでしょうか。商業的成功の背景には、いわゆる腐女子受けの良さとか、まあいろいろとあるのだとは思いますが、何よりこの時代にあって動き(animation)で勝負したというところに『ユーリ』の偉大さがあるのではないかと思います。キャラクターの成長や心情を語りや台詞に依らず動きでもって表現する。それはある意味アニメーションの原点でもあるわけですが、そこが逆に新しくもあり、挑戦的でもありました。

 そしてそのスケートシーンがなんと全て手描きなんですね。私はロトスコープ(ニコニコ大百科)かなと思っていたんですが、ロトスコープでもないらしく、実写の映像を参考にしつつ、あくまで絵コンテに添って描き起こしていたようです。3DCGも途中から使われるようになりますが、南健次郎の簡易的なCGモデルを加工して使い回すしかなかったらしく、つまり最終的に映像に載っているものは、全て手描きということになります。

 ちなみに、ユリオことユーリ・プリセツキーの作画をメインに担当されていた立中順平さんはディズニーアニメーションジャパン出身なのですが、ディズニーには「12の基本原則」(12 basic principles of animation)という絵を自然に動かすためのテクニックみたいなものがありまして、その技法がユリオのあの動きには生かされているようです。

(上二段落はほとんど全て『アニメスタイル011』からの情報です。これ以上書くと著作権とかやばそうなので、是非買って読んでいただければと思います。クリエイターの方々の貴重なお話が満載です。)

 ついでながら、ロトスコープを考案したマックス・フライシャー、およびフライシャー兄弟のフライシャー・スタジオ(Fleischer Studios, Inc.)は、ディズニーのライバル的存在でもありました。ディズニーもロトスコープを応用して『白雪姫』や『眠れる森の美女』なんかを作るわけですが、フライシャー・スタジオとウォルト・ディズニー・プロダクションの関係は、なんだかいろいろあるみたいですね…。

 さて、『ユーリ』の話に戻りましょう。御存知の通り『ユーリ』はアニメーションとして非常に魅力的で、かつレベルの高い作品なわけですが、ここではまた少し違った魅力を掘り下げてみたいと思います。具体的にいえば、“二面性”の魅力についての話です。

 —振付を担当した宮本賢二さんは、ヴイクトルは大理石の彫像のイメージだと言われていました。

平松  ああ、リビングレジェンドらしさというところですかね。あとヴィクトルは、大人っぽさと子どもっぽさが同居していて何をするか分からない意外性もありますね。そこも彼の魅力だと思います。そしてユリオは「未完成な原石」といったところですかね。とても繊細で、揺れ動きやすい。もちろん揺れやすいのは勇利も同じですが、ユリオの場合はロシアンヤンキーっぽく振る舞っているけど本当は傷つきやすい子で、勇利とはコインの裏表みたいな感じです。逆に勇利は気弱に見えて、案外図太かったりするので(笑)

 『アニメージュ2017年3月号』平松禎史インタビュー (36頁)

 ヴィクトルは大人っぽさと子供っぽさが同居、勇利は気弱に見えて案外図太い、ユリオは気が強いけど実は傷つきやすい。3人それぞれに二面性があり、さらに勇利とユリオは裏表の関係になっています。そして、この二面性って、芸術にはつきものなのではないかと思うのです。

 普段抑え込まれている本性が芸術においてのみ解放されるということもあるでしょう。自分自身とは違う理想像を、芸術として具現化するということもあるでしょう。どちらにしても芸術というものには、そこにしか存在し得ない“私”がある。他の手段で表現できるなら、歌ったり踊ったり演奏したり、詩や小説を書いてみたりする必要なんてないわけです。そして、そこには必ず“私”と“芸術表現における私”という二項対立が発生します。

 勝生勇利は、彼自身の曲に自ら『Yuri on ICE』と名付けました。これは自信の表れかもしれないし、強い自分に変わろうという意志の表れかもしれない。ただ一つ確かなことは、フィギュアスケートという芸術を通してしか表現できない、氷の上にしか存在し得ない勝生勇利がいるということです。

f:id:hitotosem:20170521205009j:plain

 もちろんこの二面性は真実:虚構の関係と同じものではありません。氷の上の勇利は理想像に過ぎないのかもしれないし、逆に氷の上の勇利が本物で、普段の自分がそれを抑え込んでいるだけなのかもしれない。けれど、そのどちらであったとしても、『Yuri on ICE』を踊るのは普段の気弱な勝生勇利ではないということに変わりはないわけです。

勇利  「ミナコ先生も西郡も優子ちゃんもうちの家族も、弱い僕を弱い人間として扱ってなかった。ちゃんと成長できるって信じてくれて、心の中に踏み込まないでくれたんだなって」

ヴィクトル「勇利は弱くないよ。みんなもそう思ってるだけさ」

(第4滑走「自分を好きになって… 完成!!フリープログラム」)

 愛の調べに彩られた芸術を、氷の上でしか表出し得ない“私”の一面が、その時ばかりの生命を燃やして踊る。この二面性の演舞を通常パートとスケートシーンとの差異が演出し、手描きで作られた動きのエネルギーが魂を吹き込んでいる。『ユーリ』のスケートシーンには、アニメーションでなければ描けない美しさと力強さがあるように思うのです。

 

 

 

リトルウィッチアカデミア』の教育観

f:id:hitotosem:20170528023257j:plain

 いきなりですが、私は『リトルウィッチアカデミア』があまり好きではありませんでした。なんとなく勝手に苗木野そらのような主人公を想像していて、TRIGGERの熱いノリで夢に向かって突き進む、ある種のスポコン色のある物語だと思っていたので、なんだか拍子抜けしてしまった、というのが主な理由です。つまり私が勝手にあらぬ方向に期待して勝手に凹んだだけなので、別に『LWA』が悪いというわけではないのですが、とはいえアツコ・カガリの不真面目さになんとなく疑問を感じる人も一定数いるように思います。ところが、そんな私が気づけばマンスリー上映会に足を運んだり、今意味のわからない文章を書いていたりする。これは一体どういうことだろうかと。思い返してみると、転換点は12話「What you will」であったように思います。

 12話はアッコが鏡のいたずらでダイアナになってしまう回でした。この時ダイアナの隠れた努力を身をもって知ったアッコは意地を張りながらも「ダイアナはすごいなあ」と素直に認めます。理想と現実のギャップに苦悶するその姿は非常に印象的でした。そして、まだ成長途中のアッコが未熟なのは当たり前じゃないか、こうして間違いながらも夢を見失わず、一歩一歩前に進んでいるではないかと気付かされました。この時、なんだか愛せる作品の幅が一気に広がったような感じがしたのを覚えています。

悔しいけど、みんなの言う通りだもん。ダイアナってすごい。想像したこともないくらい大人で、手の届かない遠いところにいるみたいだった。それに比べて、あたしなんて子供なんだろう。

f:id:hitotosem:20170528023052j:plain

 同時に、たとえ周りに何と言われようとも、箒に乗ることさえできなくとも、「月光の魔女になる」と宣言できてしまうアッコの勇敢さにも気付くようになりました。続く13話「サムハインの魔法」では、そんな“失敗しても傷ついても手の届かないものに手を伸ばす”アッコの姿が、ロッテやスーシィに影響を与えるようになっていきます。

ロッテ 「もう3週間、アッコ頑張ってるね」

スーシィ「3週間と3日ね。ちっとも上手くならない」

ロッテ 「ねぇスーシィ、アッコは、なんであんな風にできるのかな。失敗しても傷ついても手の届かないものに手を伸ばす」

スーシィ「バカだからでしょ。諦めが悪いのさ」

ロッテ 「でも、そういうところすごいよ」

 

 そして、この作中世界の空気って、わりと制作現場そのままなのではないかと思うのです。もちろん参加しているわけではないので実態はわかりませんが、『LWA』は元々文化庁のアニメーター育成プロジェクトからはじまっていますし、アニメ業界の話でもあるというのは結構有名な話ですよね。TV版になってからも若手のスタッフさんたちが重要なポストを引き受け、活躍されているようです。

ー 劇場版とTV版を比較して、作品や作業の変化は?


吉成 作品としてみると、劇場版は時間の関係上ストーリーやキャラクターを部分的にしか切り取れず、それぞれのバックグラウンドを省略する形でしか本編に入れることができませんでした。しかし、いま放映中のTV版では、アッコたちが成長していくシーンもふくめて深く掘り下げることができたと思っています。制作スタッフに関しても、アッコたちのように若い人にどんどんチャレンジしてほしいという思いがあるので、責任のある仕事を任せていて、みんな悪戦苦闘しながら制作の中心になってやってくれています。若手という意味では、キャラクターデザインをお願いした半田(修平)がまさにそうですし、メインアニメーターの堀剛史さんも、こちらでは手が回らないアニメーションの一番重要な部分を率先してやってもらってます。デザインワークスの芳垣(祐介)もそうですね。世界観をまとめあげるデザインのフィニッシュが「リトルウィッチアカデミア」らしい形に収まっているのは、ほとんど芳垣のおかげです。劇場版から参加してくれたほかの新人アニメーターたちもアッコたち同様に一生懸命になりながら仕事をしてくれているし、それぞれの成長を実感しています。

アニメージュ2017年5月号』吉成曜インタビュー (99頁) (太字筆者)

 吉成曜監督に関しては『グレンラガン』でメカとか描いてるなんかめっちゃすごい人ぐらいの印象しかなくて、勉強不足を恥じ入るばかりなのですが、『LWA』を見ていたり、『LWA』関係のインタビューを読んだりしていると、“育てる”ということに対して非常に真摯な方なのだなあという印象を受けます。同時に、アッコを許せなかった放送開始当初の私はなんてバカだったのだろうと、忸怩たる思いに駆られたりもします。アッコたちのように一生懸命取り組んで、たくさん間違えて、たくさん失敗して…。そういうことが許される空間ってアニメ業界に限らず、もっともっと必要なものですよね。

 そういうわけですので、ここは一つ吉成監督が「作品のテーマそのものともいえるキャラ」(『アニメージュ2017年5月号』99頁)と称するアーシュラ先生のお言葉をお借りして、この場を締め括ろうと思います。

「確かにカガリさんは、他の生徒に比べたら、魔法を使えないダメな生徒かもしれません。でも彼女は、魚類語がわかるようになり、まだまだ中途半端ですが、こうやって変身魔法も身につけようとしています。比べるべきは他の生徒ではなく、入学当初の彼女です。たくさん失敗して確実に成長しているじゃないですか」
「目の前で悲しんでいる者を放っておけず、自分のことよりも相手の気持ちになれることは評価されるべきじゃないんですか。成績や世間体ばかり気にするなんて、バカです。私が彼女を評価します」

(第7話「オレンジサブマリナー」)

 

 

 せっかくなので羽海野チカ先生のツイートも。大事なことを教えてくれる漫画やアニメって、本当に素敵ですよね。

 

 

 

アイカツスターズ!』 その一助となるもの

・変転の妙

 『アイカツスターズ!』に関して最近よく思うことは、印象操作が上手いなあということです。もちろん悪い意味ではありません。

 例えば諸星学園長は、1年前は悪役ともいえるような立ち位置にいました。特に劇場版ではその性質が強く出ており、悪人のいない『アイカツ!』の世界とのギャップに困惑する声も多かったように思います。白鳥ひめとも揉めていた上に、結局映画では諸星ヒカルの真意は明かされなかったので、映画だけ見れば本当にただの悪役です。ところが第36話「虹の向こうへ」を機に印象は逆転し、今ではすっかり愛されるキャラクターになりました。

 と、まあこれだけのことなら取り立てて言うほどのことでもないのですが、先週放送された第58話「ミラクルオーディション!!」。これがすごかった。1話の中で見事にエルザ・フォルテの印象を引っくり返してみせました。冒頭の四ツ星勢とエルザとのやり取りを思い出してみましょう。

エルザ「ユメ・ニジノ、今日のオーディション、勝利の女神は私に微笑むことになっているわ」

リリィ「勝負はまだ始まってもいません」

ゆめ 「そうです。負けませんよ」

 エルザ・フォルテはかなり人気のあるキャラクターだと思いますが、“敵”という性質が非常に強い人物でもあります。四ツ星学園を危機に陥れた張本人ですし、52話では桜庭ローラを下に見るような発言をして、対立を引き起こしたりもしました。“悪”ではないにしても“敵”であることに間違いはないでしょう。その上いつも人に用意してもらった最高級のステーキとか食べてますし、一国の王位継承権まで持ってたりする()ので、いろいろと恵まれた人物だという印象が強いのではないでしょうか。そんなエルザが「勝利の女神は私に微笑むことになっている」なんて言うと、やっぱりちょっと傲岸不遜な感じがします。

 ところが、わずか15分後には、この印象はすっかり逆転してしまいます。エルザ・フォルテは、幸花堂と幸本社長のことを事前に詳しく調べていた。このことが明かされることによって、Aパートのやり取りは全く違った様相を帯びるようになります。白銀リリィが「勝負はまだ始まってもいません」と言う遥か前から、既に勝負は始まっていたわけです。

f:id:hitotosem:20170529232027j:plain

 同時にエルザ・フォルテの印象が“才能の人”から“努力の人”へと切り替わります。その上、彼女はただパーフェクトなだけではない、トップに立ってもなお向上心を忘れずさらに上を目指そうとする、真にパーフェクトな存在であるのだということが示される。そんな“パーフェクト・エルザ”に、虹野ゆめと白銀リリィはまさしく完敗したのでした。

私も、こんなファッショナブルなケーキがこの世に存在していることを知り、また一つ学びました。この世は全てファッション。それは、人に感動と喜び、そして幸福をもたらすもの。お菓子でもドレスでも、それは同じことです。

 そして、「追い越したい」敵に出会えた喜びを表明し、文字通り真っ直ぐ敵を見上げて幕を閉じる。完敗したことを喜んでいるこの闘諍の熱も、『スターズ』の魅力の一つであると思います。 

f:id:hitotosem:20170529232728p:plain

  

・その一助となるもの

 「ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの」というあまりにも有名な一節がありますが、ジュリエットはその後に続けて、「お父様と縁を切り、その名を捨てて」と言います。「どうしてあなたはロミオなの」というのは、つまり名前というものへの懐疑なんですね。

私の敵は、あなたの名前。
モンタギューでなくても、あなたはあなた。
モンタギューって何? 手でもない、足でもない。
腕でも顔でも、人のどんな部分でもない。
ああ、何か別の名前にして!
名前がなんだというの? バラと呼ばれるあの花は、
ほかの名前で呼ぼうとも、甘い香りは変わらない。

 ところが赤毛のアン*1ことアン・シャーリーはこんなことを言います。

薔薇はたとえどんな名前で呼ばれても甘く香るって本で読んだけれど、絶対にそんなことはないと思うわ。薔薇があざみとか座禅草スカンク・キャベツとかいう名前だったら、あんないい香りはしないはずよ。

 なんでいきなりこんな話を始めたかというと、『スターズ』って“名前”の持つ力が結構大きい作品なんじゃないかと最近思ったからです。

 『アイカツ』にもスターライトクイーンやブランドのミューズみたいな肩書きはありましたが、作中において『スターズ』のS4ほどの大きな役割を担ってはいませんでした。例外的に4thシーズンのラストではスターライトクイーンカップが非常に重要な行事として扱われましたが、初代主人公の星宮いちごは一度もスターライトクイーンになりませんでしたし、いちごがアメリカに留学している間のクイーンカップも回想シーンでしか描かれませんでした。

 『スターズ』でも、もちろんS4になることが全てではないですし、七倉小春のように別の道を志すキャラクターもいます。けれど、基本的に四ツ星学園の生徒は皆S4を目指しているわけですし、そもそも制服が違うので、ビジュアル的にもどうしても無視できない存在感があります。S4の制服に身を包んだゆめや、幹部服を着たローラを見て、とみに成長を実感したという方も多いのではないでしょうか。

ゆめ 「私たちが、1年生の道しるべになろうよ!」

ローラ「…S4になったんだね、ゆめ。」

(第52話「狙われたアイドル!?」)

 ここのやり取りが私には非常に印象的でした。この後ローラがゆめの腹筋を触ることで、この1年で変わったものと変わらないものとをそれとなしに描いていたのも印象的でしたが、それ以上に「S4になったんだね」というセリフが、なんだかスッと胸の中に入ってくるような感触がありました。

f:id:hitotosem:20170530011015j:plain

 憧れていた学校の制服に袖を通したとき、出席カードに新しい学年を書いたとき、アンケートの職業欄に会社員と書いたとき、結婚して苗字が変わったとき。そんな節々に感じる“自分が何者かである”という意識は、結構な影響力を持っているように思います。もちろん虹野ゆめは、S4になるに足る十分な努力を積み重ね、なるべくしてS4になったわけですが、実際にS4になってみてから起こった変化というのも相応にあるのではないでしょうか。同じように、エルザ・フォルテの“パーフェクト・エルザ”という肩書きも、彼女の姿勢に影響を与えているのかもしれません。

 ですから、「そんな大役私なんかには務まりませんよ」みたいな態度は、結構世界を狭めてしまっているのかもしれない。案外なってしまえば、何にでもなれるのかもしれない。そして、虹野ゆめのように今の自分ではない自分を想像できる(妄想してしまう)力には、可能性をどこまでも押し広げる、とてつもないエネルギーがあるのかもしれません。

*1:赤毛のアン』といえば、48話で白銀リリィが「私の愛する赤毛の少女」として引用していました。ゆめやリリィは想像力豊かなアン・シャーリーとどこか近いところがあるように思います。